中学受験


中学入試英語をお考えの場合

首都圏ですでに95校の私立中学校が入試に英語科目を取り入れています(2017年)。学校によって難易度は著しく異なり、英検5級から2級程度と非常に幅があります。難易度の高い学校で英語利用をお考えの場合はできる限り早い段階からの受講が必要です。

小2頃からはじめましょう

小2頃から学習を開始することが規定の路線となります。順調に学習が進められれば、小2で5級、小3で4級、小4で3級、小5小6で準2級&受験対策となります。

中学入学後には

すでに中学内容を学習済みであり、特に話す力や聞く力はその学年では断然高い能力が身についているはずですので、即座にトップランクに位置できます。


受講モデル

小2➡L1(英検5級程度)を受講し、英検5級の取得を目指します。

小3➡L2(英検5級、4級程度)を受講し、英検4級に必要な知識を得ます。

小4➡L3(英検4級、3級程度)で語いや英文法はもちろん、話す力聞く力を十分養います。

小5➡L4(英検3級、準2級程度)でこれまで学習してきた内容をより正確に認識する学習に入ります。また自分の意見を言ったり書いたりする訓練も始めます。

小6➡L5(準2級程度)&受験対策で入試に問われる力の養成を行います。